人の腕が気になる

私たち看護師の代表的な仕事の一つに点滴や採血があります。
点滴や採血は血管に針を刺すので、処置の時にまず血管を探すことから始めます。

人によって真っ直ぐで太い血管がよく見える人と、駆血帯で縛って探してもなかなか血管がはっきり出ない人がいます。

若いから血管が出ているとかお年寄りだから血管が出にくいとかは一様には言えなくて、血管の見え方は本当に千差万別です。
比較的若い人は血管が出やすい傾向にありますが、太っている人は血管が埋もれてしまっていることも多く、お年寄りはあまり血管が太くなくて血管が蛇行してしまっていることもあります。

血管が出にくい人に、いかに失敗しないでうまく針を刺せるかが看護師としてのセンスと技量が問われますね。

うまく刺すにはもちろん技術的な経験も必要ですが、まず確実に刺せるような血管を探し当てることが重要です。

そのためか、普段仕事の時以外でも何気なく人の腕を観察する癖がついてしまっているのか、夏など半袖になっている時には自然と腕に目が行くんですね。

見るからに太そうでいい血管だと、点滴しやすそうとか思っちゃうんですね。

反対に細くてグニャグニャしているような血管が見えた時は、いつもこの人の採血とか皆苦労してるんだろうな、なんて想像しちゃうんです。

これ私だけかな、なんて思っていたのですがある時看護師仲間で話していたら、皆もそういう目でついつい人の腕と血管を見ちゃうって言っていたので、これって看護師なら誰にでもあることなんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>