助産師さんから聞いた話

看護学校の同級生の中には進学して助産師になった人も何人かいます。

彼女たちから聞いたのですが、お産の時に一番騒いで面倒なのは看護師と女医さんらしいです。

何となくわかるような気はします。

看護師や女医さんは医療従事者としてお産に関わってきたから、今どんなことされてるのか、これからどんなことされるのか全部分かっちゃってるから怖いんですよね、きっと。

普通妊婦さんはお産の時、陣痛でそれどころじゃないし陣痛の中で医師や助産師にどんなことされてるのかって分かってないですもんね。

分かっているから恐怖があるって感覚分かりますね。
だから、看護師や女医さんがお産するときは、痛くないように最初から無痛分娩を希望したり、お産の最中に早く何々をしてくれだとか、もうこれ以上無理だから帝王切開をしてくれとかとにかく文句が多いそうです。

彼女たちも最初は遠慮がちに言っているそうですが、だんだんお産が進んで痛みが強くなってくると余裕がなくなって言葉もきつくなってくるようです。

普通の妊婦さんでも同じようなことを言ってくる人はいるそうですが、やっぱりどこか違うそうです。
産婦人科がある病院に勤めている人は自分の勤務している病院でお産することが多いですよね。

勝手知った病院だからこそわがままを言ってしまうんでしょうかね。

確かにお産の痛みは誰かに助けてもらいたいと思うのは分かりますが、同じ病院で働く看護師や助産師に迷惑をかけるのはちょっと考えものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>